アルト
藤井美雪
福山暁の星女子高等学校を経て、大阪芸術大学演奏学科声楽科卒。松本寛子、田原祥一郎、日本歌曲を四家文子、イタリア歌曲を五十嵐喜芳の諸氏に師事。
在学中『修道女アンジェリカ』侯爵夫人役に抜擢されオペラデビュー。
イタリア留学中には エディス・マルテッリ、ダンテ・マッツォーラ に師事する。
オペラ『カルメン』カルメン(大勝秀也指揮、松本重孝演出)他、『魔笛』ダーメⅢ(フォルカー・レニッケ指揮、ヤコボ・カウフマン演出)、『蝶々夫人』スズキ(金洪才指揮、松本重孝演出)(牧村邦彦指揮、井原広樹演出)他、『修道女アンジェリカ』公爵夫人(山下一史指揮、岩田達宗演出)、『フィガロの結婚』マルッチェリーナ(デリック・イノウエ指揮、岩田達宗演出)(阪哲郎指揮、松本重孝演出)他、『椿姫』フローラ(マウリツィオ・アレーナ指揮、松本重孝演出)、『カルメル会修道女の対話』修道院長(佐藤正浩指揮、岩田達宗演出) 『霊媒』バーバ(平野満指揮、岩田達宗演出)、『遣唐使』遣唐使の母(牧村邦彦指揮、中村敬一演出)≪広島のオルフェ≫中年の娼婦実は巫女(中川賢一指揮、松本重孝演出)など、数多くのオペラに出演するほか、 ソリストとしては、J.バッハ『マタイ受難曲』『ロ短調ミサ』、A.ヴィヴァルディ『グロリア』、G.ヘンデル『メサイア』、F.ハイドン『ネルソンミサ』、G.ペルゴレージ. 『スターバト・マーテル』、W.Aモーツァルト『レクイエム』『戴冠ミサ』『ヴェスペレ』、G.ロッシーニ『小荘厳ミサ・ソレムニス、スターバト・マーテル』、J.メンデルスゾーン『エリア』、A.ドヴォルザーク『スターバト・マーテル』、G.ベルディ『レクイエム』、L.ベートーヴェン『ミサ・ソレムニス』『第九』などで各地の公演に出演し好評を得る。
 心揺さぶる深い声と安定感そしてその演技力には定評があり、韓国ソウルオペラハウス(芸術の殿堂)杮落公演、テグ市オペラハウスでの『蝶々夫人』スズキ役や「ガラ・コンサート」に招聘されたのをはじめ、広島被爆60周年には細川俊夫作曲『ヒロシマ・声なき声』の日本初演で唯一のソロを担当。
「ミラノ現代音楽祭」に広島市より派遣され、RAIイタリア国営放送交響楽団 (アンドレア・ペスタロッツァ指揮)と共演。読売日本交響楽団50th定期演奏会(シルヴァン・カンブルラン指揮)も同曲のソリストとして出演した。
 また、2011年に広島アステールプラザ能舞台にて開催された オペラ『班女』(三島由紀夫作、ドナルドキーン英訳、川瀬賢太郎指揮、平田オリザ演出)で実子役を好演し各評論誌上において絶賛されたのは記憶に新しい。2014年1月には広島交響楽団50th定期演奏会『星のない夜』のアルトソロ及び朗読で出演。
本年6月には神奈川フィルハーモニー交響楽団定期演奏会に『復活』のソリスト(横浜みなとみらい)、2015年1月にはオペラ『リアの物語』ゴネリル役で(広島アステールプラザ能舞台)出演予定である。
霧島国際音楽祭奨励賞3年連続受賞 F・ラボー国際声楽コンクール3位入賞
J・L・ヴォルピ 及び カタラーニ国際声楽コンクールにてディプロマ受賞
第11回エネルギア音楽賞受賞 エリザベト音楽大学声楽科非常勤講師
福山市在住